Outer wall

外壁工事、コストパフォーマンスに絶対の自信!

足場の組み立てから解体まで自社管理で行い作業を行っています

外壁塗装の役割は、住まいの美観を整えるためだけではありません。もちろん塗り替えることで見栄えは良くなりますが、塗装工事本来の目的は、紫外線や雨風から住まいを守ること。外壁の表面を塗膜でコーティングすることで、建物内部への水の浸入や、建材の劣化を防ぐ効果があります。
塗り替えの目安はおよそ10年ですが、外壁材や塗料の種類、立地環境によっても異なります。防水性を失った外壁をそのまま放置していると、外壁の劣化がどんどん進行してしまいますので、何か気になる症状を見かけられた際にはお気軽にご相談ください。

外壁塗装

こんな症状は要注意

○壁を触ると、手に白い粉が付く
【危険度★★☆☆】
○カビやコケが発生している
【危険度★★☆☆】
○ひび割れが発生している
【危険度★★★☆】
○塗膜が剥がれて来ている
【危険度★★★★】
上記のような症状を発見した場合は、そろそろ塗り替えのタイミング。
塗膜の剥がれやひび割れまで症状が進行してしまうと、雨漏りを引き起こす可能性があり、そうなってしまってからでは費用も高くついてしまうため、早めの塗り替えを心掛けましょう。

外壁の塗装効果の劣化が進行すると

〇防水機能が低下
塗装工事の本来の目的は、雨風や紫外線による外壁材の劣化を抑えることにあります。
塗装が傷んだままにしていると水分が建物内部に浸入して雨漏りの原因になりますので、塗装で防水効果を保つことが大切です。

〇ひび割れの発生
劣化症状が進行すると外壁にひび割れが発生するようになります。
どれだけ小さなひび割れでも水分は建物内部に浸入します。そして、浸入した水分は寒暖差によって収縮と膨張を繰り返してひび割れをさらに大きくしていきます。

〇躯体の劣化と腐食
水分の浸入が下地にまで達すると鉄部のサビや木部の腐食が起こります。
このような状態になると建物全体の耐久性が低くなり、安全性が失われてしまいます。さらに、この症状はシロアリの発生原因にもなりますので、気になることがあればお早めにご相談ください。

外壁塗装で建物を健全な状態に保つために

建物の立地環境や使われている塗料・建材によって異なりますが、一般的に塗り替えの目安は約10年前後。
「塗装工事は一度行えばOK」ではなく、定期的な塗り替えが必要なのです。「コストがかかってしまう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、劣化を放置したがために、塗装工事ではどうにも対応できなくなってしまった時がもっと大変。大規模な工事になり、費用も多くかかってしまいます。そうならない為に定期的に建物の状態をチェックし、塗り替えを行うほうが、長期的に見るとコストもかかりません。
健全な建物の状態を維持するために、塗装工事をご検討ください

Blog

サンプルテキストサンプルテキスト

IMG-1383_R
金沢市で外壁塗装はフッ素です♬
unnamed_R
金沢市で外壁サイディングです(^^)/
中川邸2_R
加賀市で新築施工はガルバニウム鋼板
unnamed_R
加賀市で外壁塗装 キシラデコール
大家邸①_R
加賀市で外壁塗装が完了しました(^_-)-☆

外装の一環として屋根塗装も厚い信頼をいただいています

屋根は外壁以上に雨風や日光の影響を受けるため、その分塗装の劣化は早い傾向にあります。
だからと言って現在の屋根の状態を確認しようにも、その位置からお客様自身で確認するのは非常に困難でなかなか行う事は難しいでしょう。無理に点検を行うことで大怪我をする危険もありますので、屋根の点検はぜひ当方にお任せください。当方が屋根の状態を適切に判断して、最適な施工方法をご提案いたします。

外壁工事に関する知っておくと得する知識を配信しています

外壁塗装をご検討の際は、どの塗料を選ぶかで迷われているお客様もいらっしゃいますので、それぞれの特性を詳しくご紹介しております。塗装で使用している塗料は、全て実績のあるものを使っておりますので、もし塗料について分からないことや不安なことがございましたら、どんなことでも気軽にご相談ください。ブログにて、これまで使った外壁塗料についてのご紹介もしておりますので、参考までにご覧ください。

塗装を行う際に、お客様のご要望を詳しくお聞かせいただけると適した塗料をご提案できます。コストパフォーマンスの高さや耐久性などのバランスに優れているシリコン塗装も実績が豊富で、経験豊かな職人が作業を担当しますので施工する建物や周辺の状況に合わせて、適切なやり方で工事を進めさせていただきます。